小児科求人サイトランキング【2014年度最新版】

小児科の転職動向と求人の探し方は?

現在、とくに人材不足が叫ばれている小児科医、看護師、そして人気の医療事務、受付の仕事内容はどんなものか興味がありませんか。例外はあれ、都市部より地方部にいけばいくほど深刻な医師不足があると言われているのが小児科と産婦人科です。小児科に関わる人々の一人一人の責任は重く、就業時間は長くなりがちです。

ただ、全国の病院の中には個性ある診療方針や新しいシステムの導入で、充実した医療や地域の中核病院として機能している小児科を持つ病院、クリニックもあるのです。大変とはいっても、小児科はなにより将来のある子供を見守る、やりがいのある仕事です。自らが理想の職場を求めて、転職していくこともいまは必要ではないでしょうか。民間の医療専門の転職エージェント利用などで、あなたにぴったりの職場を見つけましょう。

小児科求人サイト 人気ランキング 〜医師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
【医師転職ドットコムが選ばれる理由は?】
■サイトには200人の医師転職体験談を掲載。読むだけでためになる情報が満載。
■小児科・小児外科の案件も多く、女性歓迎の週4日勤務や時短OKの求人も多数。
⇒ 『医師転職ドットコム』の公式サイトはこちら!

リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
⇒ 『リクルートドクターズキャリア』の公式サイトはこちら!

エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細
⇒ 『エムスリーキャリア』の公式サイトはこちら!


小児科求人サイト 人気ランキング 〜看護師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細
【ナースフルが選ばれる理由は?】
■知名度・利用者の評価ともにバツグンのナースフル。圧倒的な求人数で小児科の求人も見つかる。
■託児所有、通勤至便などのこだわり条件もお任せ。選りすぐりの案件を紹介してもらえる。
⇒ 『ナースフル』の公式サイトはこちら!


ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細
⇒ 『ナース人材バンク』の公式サイトはこちら!

マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★ 詳細
⇒ 『マイナビ看護師』の公式サイトはこちら!


小児科求人サイト 人気ランキング 〜受付・医療事務・スタッフ編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
【リクルートエージェントが選ばれる理由は?】
■圧倒的な数の非公開求人の中から、希望条件にマッチした医療事務や受付の仕事が見つかる。
⇒ 『リクルートエージェント』の公式サイトはこちら!


※無料エントリーの入力欄「現在の職種」で、
「ステップ1:素材、食品、医薬品技術者、福祉」→「ステップ2:医療、福祉サービス関連」→
「ステップ3:医療事務、臨床心理士、ソーシャルワーカー」など該当する職種を選択して下さい
マイナビエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
⇒ 『マイナビエージェント』の公式サイトはこちら!

DODA 無料 全国 ★★★★★ 詳細
⇒ DODAの公式サイトはこちら!

介護求人ナビ 無料 全国 ★★★★ 詳細
⇒ 『介護求人ナビ』の公式サイトはこちら!


小児科の求人動向と将来性は?

少子化や医師不足から閉鎖の憂き目をみた小児科や産婦人科は数多くあり、小児科開業医も減少傾向、なかなか厳しい状態に置かれているようにも見える小児科です。ただ、内科や外科、全身の病気について一通り勉強して知識や技術を磨けることと、そのお陰でその後の専門を変えることが可能な点から、女性医師を中心に小児科医を志す人もいます。

ただし、研修医時代に小児科の現場をみて、医師不足に悩む現場、それによって労働状況が悪化するのをみて、最終的には後期研修で小児科を選ぶことを断念する研修医もいます。件数は多いが軽症の患者が多い外来、そしてすこしの判断ミスが子供の将来まで左右することから、プレッシャーを感じる現場である事は確かなようです。

ただ、少子化といってももともと日本の医療現場、特に小児科医は人口あたりの絶対数が少なく、大いに活躍したいと思う人にはやりがいもあるし、需要は多いでしょう。他の医師との競争もあまり気にしなくてもよいですが、その分忙しいです。開業医になって、多少時間の自由がきくかと思いますが、患者は多いでしょう。

研修医で専門科を選ぶ段階になっても、小児科医になりたいという気持ちが変わらなければ、体力が続く限り小児科の現場で働いてみれば手応えもあるし、子供達とふれあえる現場は、子供好きな医師には楽しいと思います。

問題が山積していて、診療報酬が低い診療科とされる小児科は、いまは不人気な分野です。そして労働時間も他の専門科より多い傾向があり、好きなだけではやっていられない部分もありますが、産婦人科とともにかなり需要は高いし、社会に必要とされています。使命感をもって取り組む姿勢のある医師もいます。

ただ、最近は働き方も多少融通が利いたり、小児ホスピスといったような、普通の小児科外来、小児科病棟とは違ったケア施設などで働く小児科医も出てきており小児科医の働けるフィールドはますます広がってきていると思って間違いはありません。医師の専門、転職サイトで探せば、多種多様な小児科医の仕事が見つかる筈です。医師以外の職種でも、小児科の仕事、働き方が多様化している上、民間の紹介会社を通して転職する小児科医、看護師、管理栄養士、臨床心理士などの医療関係者が増えています。

そのなかで、自分にしっくりくる場所、環境を選び、できる範囲で貢献していってはいかがでしょうか。一つの小児科のチームとして機能していくことが大事です。社会全体が少子化に傾くなかで小児科の将来は不透明だと結論づける事は簡単ですが、人員が足らないからこそ、医療の現場でやるべきこと、そして新しい発想でのチャンスがある筈です。未来のある子供の健康のお手伝いができる小児科医も、一つの大きな決断、未来への希望なのです。



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2015 小児科求人サイトランキング【2014年度最新版】 All Rights Reserved.