小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】

小児科求人サイトTOP >> 小児科の医師 >> 女性の小児科医の求人

女性の小児科医の求人

女性の小児科医は確かに増えているのですが、現場のきつさや激務が広く知られている小児科医になるのは覚悟がいることです。その上、女性なら誰もが考える結婚、出産などの適齢期に、男性なみに常勤業務をこなすとなると、かなりのタイムマネジメント能力が大事になってきます。

ただ、小児科医というのが、激務ばかりで見返りもなく、将来の計画も見えないようなネガティブなだけのイメージをもつのは完全な間違いだといえるでしょう。女性医師が結婚して、出産後も小児科医として働ける託児所の完備や、仕事と家庭を両立していけるような組織、環境作りが全国的に整いつつあります。だから、小児科医になるからといって、仕事だけに没頭しなければならない訳ではありません。組織、環境が整っていれば、きちんと私生活と仕事を分けて、充実した将来を描く事も可能ですから心配ありません。

女性の身で当直、日直などをフルにこなすには、託児所の完備している病院だけではなく家族の助けがなによりも必要で、小児科医として復帰するのは、数々のハードルがあるのは否めません。ただし、これからは医師だけではなく、あらゆる職業で結婚後、育児中の女性のマンパワーを活用するようにしていかないと、少子、高齢化する現代の日本の経済は立ち行かなくなっていくでしょう。

女医の小児科医をはじめ、子育てしながら安心してフルタイム就業ができたり、またフレックスタイムや就業スタイルの多様化(常勤、非常勤、パート、アルバイト)、また産休をより取りやすい形にしていくなど医療機関側では急務です。そうした環境が整った病院や医療機関に女性医師が集中しても仕方がありません。全体で底上げをし、産休、育休当たり前の世界にしていかないと少子化はとどまることはないでしょう。

自分にとって本当に働きやすい環境を探すのなら、転職も考えましょう。先輩や医局レベルでの紹介だけではなく、広く民間の募集に目を向けてみて、選択肢を増やしてもいいと思います。

小児科医は、将来のある子供の全身を診ることができ、女性の多いなかで楽しい雰囲気で、就業できるやりがいのある仕事です。これからどんどん女性医師が増えてくると思いますが、小児科医はハードだからと敬遠しないで、ぜひ一生の仕事として小児科医を選んでください。実際に小児科医になっている先輩や知り合いの意見を参考にし、初期研修などで小児科の臨床現場を良くみて、現実と折り合いをつけながらしっかり小児科医として活躍していってください。

女性の小児科医求人を探すなら!転職サイトNO.1はコチラ

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

⇒ 『医師転職ドットコム』の公式サイトはこちら!

>>小児科の医師求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】 All Rights Reserved.