小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】

小児科求人サイトTOP >> 小児科の医師 >> 小児科医の求人の探し方

小児科医の求人の探し方は?

一般的な小児科医の採用方法を見ると、国、自治体、公益法人、公的機関で最も多い採用方法は、単独医局となっています。つまり民間の医療機関を除いては、80から60パーセント以上の高い確率で小児科医は、単独医局から決まってしまうということです。

ただし、最近の傾向を見ると、公募での募集がかなり伸びてきており、民間では単独医局からの紹介よりも公募で小児科医を募集することが多くなってきています。その確率は50パーセントを超えています。その上、民間の紹介業者からの募集が増えているのが最近の特徴になっています

また、公募の割合を見てみると、関東や近畿地区で50パーセント超え、もしくは50パーセントに迫る勢いになっており、比較的都市部のほうが、地方部よりも公募や民間からの紹介で人員を募っている現状が明らかになっています。小児10万人あたりの小児科医数がだいたい100 人くらいの諸外国に比べて、日本は40数人程度という半数以下の現状を鑑みると、もっと小児科医が増えて、しかも自由な形の就業形態、転職活動が求められます。

ただ、研修医の段階で、小児科医も現状、つまり人員不足故のシフトのきつさや激務を実際に目の当たりにして、他の専門科に転向してしまう医師も多いようですので、小児科医になるという最初の意志を貫徹し、地域医療や中核病院での活躍が期待されます。医局に縛られることなく、自由に転職活動をしたり、また働き方も自分で決められる民間の転職エージェントが利用されるようになっているのは、現代の仕事スタイルや現場の状況をみると、当然のことかもしれません。

これからより公募や民間の紹介会社、エージェントを通じての医師の転職が増えてくることが予想されます。手堅い転職、フォローアップ確実な転職をするなら、すでに民間業者を利用したほうが賢い時代になっているのです。ただ、小児科医に対して行ったアンケートによると、収入に満足している人がほとんどですので、激務とはいっても、収入面での不満は少ないのが救われる点でしょうか。

小児科医の求人は、公募が増えていること、民間の転職エージェントに頼むケースが増えています。そのため、これからの将来、医局の介在しない小児科医の転職がスタンダード、多数派になってくることが予想されます。そんな時代になっても、生き残れるコミュニケーション能力、専門知識、そして技術をもっている小児科医を目指していただきたいものです。

小児科の医師求人を効率よく探すなら!おすすめ転職サイト1位はコチラ

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

⇒ 『医師転職ドットコム』の公式サイトはこちら!

>>小児科の医師求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】 All Rights Reserved.