小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】

小児科求人サイトTOP >> 小児科の医師 >> 小児科医は激務?

小児科医は激務?

小児科医だけではなく、基本的に医師の8割ほどが当直のあと通常勤務をしているという現状があるので、小児科医だけが特別激務と結果づけることはできません。ただ、いくつかの勤務時間比較データーを参照すると、だいたい小児科医の週の労働時間は60時間オーバーもざらで、その上、大学病院の勤務医の平均は70時間を超えるという報告もあります。平均的な医師の就業時間は50時間程度ですので、大分多いでしょう。当直も平均で月に4回以上している医師が多いです。

また、小児科医は、小児科と一括りにされてはいるものの、内科、外科、体全体の幅広い知識と技術を必要とされるので、診療範囲が広く、その上人員が足らないので、診療の待ち時間が長く、クレームが来やすい、子供に万一のことがあったら裁判沙汰にも発展する、完璧な診療を求めるモンスターペアレンツの増加など、臨床現場をすこし覗けば、かなり過酷な状況を目の当たりにしてしまいます。

すこしの判断ミスが子供の一生を左右することにもなりやすく、しかも医療訴訟で最も多いのが小児科だそうです。これでは医師自身がいくら高い保険をかけていても不安は尽きません。

また小児科は、他の科に比べて診療報酬が少ない傾向があるようです。小児科医になる若い人が少なくなる一方で、小児科医は高齢化して、当直などを勤められる医師が少なくなっています。その上、政府側では沢山の政策を打ち出して少子化を食い止めようとしていますが、このように小児科医が少ない上、産婦人科医も減少、激務にさらされている現状をみると、小児科医の将来が見えないという判断をし、志望する科を変える若者が増えても無理はありません。

1ヶ月の1日の全休もせいぜい1、2日のようです。日常の勤務だけではなく、他にすることは数多くあり、緊急性や重要性が高い仕事なのに人員が足らない。そして医局などのしがらみがあり、機能していない組織であっても、不平不満を言うことができない、とストレスをためてしまっている小児科医は多いことでしょう。一つの解決策としては、専門科を変えるか、転職するか、数年の十分な臨床経験のあと、独立、開業医になることでしょう。

小児救急の問題は、夜間、つまり24時間中フル稼働できる小児科、小児科医が少ないことです。しかも24時間診療を掲げた病院には、時間外の小児の患者が集中してしまう。また小児科は急患が特に多い科なのです。

勤務医が時間外を診ることになれば、翌日休むことができず、連続32時間勤務になってしまうそうです。そのような状況から、過労死してしまう小児科医も増えています。もちろん理想に燃えて仕事をするのも大切ですが、まずは自分の体を大事にすることも必要です。これから小児科医を目指す人はぜひ心しておきましょう。理想だけではなく、現実をみて就業場所を選ぶことです。

小児科求人サイト 人気ランキング 〜医師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

⇒ 『医師転職ドットコム』の公式サイトはこちら!

>>小児科の医師求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】 All Rights Reserved.