小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】

小児科求人サイトTOP >> 小児科の医師 >> 男性の小児科医の求人

男性の小児科医の求人

小児科医は、全診療科の知識と技術を身につける専門科なので、小児科医が激務であることを知りながら、理想や医師としての学習意欲から小児科を心ざす男性医師もいます。もちろん親が開業医で小児科医をしているのであれば、すでに土壌はあるのですから、大変とはいっても小児科医を志しても不思議はありません。また開業医ですと、急患などを受け付けていないので、その分、小児科の大きな特徴である急患、夜間の診療件数が多いというデメリットもありません。

ただ、地域医療の充実として、もし小児科医が不足しているエリアであれば、すすんで小児科医になるのは素晴らしいことです。また若いうちは体力があるので、総合病院の小児科でなんとかやっていても、年齢を追うごとに小児科が困難になったり、小児科専門医の高齢化が目立つような現状となっています。

小児科の診療報酬が少ないことや小児科の絶対数が少ないこと、その上、小児科は訴訟などのリスクや子供は症状を上手く言えないことが多いので、その表情や態度から病状を推察するような洞察力が必要となります。

診断ミスが重篤な後遺症を引き起こすこともあり、保護者への説明や診療の待ち時間が長い点でトラブルが起こることもあります。児童虐待などの兆候も早めに見極めなければなりません。激務の上、その職業的責務は重いのです。

ただし、医師として広い知識や技術等を身につけ、一つの専門家をもつことで、活躍の幅が広がりますし、将来を担う子供を診ることは大変ではありますが、とても楽しく、充実感はあります。

これからの少子化を食い止めるには、やはり小児科医と産婦人科医の活躍は欠かせません。小児科の閉鎖が話題になり、諸外国に比べて小児科医の数が少ない現状のなか、24時間態勢の緊急受け入れ病院の設定など、行政もできる限りのことをしようとしています。その中で自分のできる範囲の仕事をし、医療の現場で活躍してください。いまの臨床現場で不満があっても、転職してまったく違う環境に身を置いたら、QOLや仕事への満足度が高まる可能性があります。小児科医としての将来を諦める前に、まずは転職を考えてみましょう

当直、日直、宅直オンコール、当直開けの通常業務をこなしているのは、小児科医だけではありません。およそ8割の医師がそうしたシフトの中で働いています。専門知識を活かして、小児科医として活躍の場を探すのはあなた自身であり、才能を生かすも殺すもあなたの判断にかかっています。ときには思い切った決断も必要なのではないでしょうか。

小児科求人サイト 人気ランキング 〜医師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

⇒ 『医師転職ドットコム』の公式サイトはこちら!

>>小児科の医師求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】 All Rights Reserved.