小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】

小児科求人サイトTOP >> 小児科の医師 >> 小児科専門医

小児科専門医

小児科医の現状や人員不足を知っていて、なおかつ小児科医を志すのは素晴らしいことです。ただし、漠然と小児科医になりたいと考えていても、その道のりは容易くはありません。

まずは大学の医学部に入学して、卒業しなければなりません。医師になるには、大学での6 年の勉強と、その後、国家試験である医師免許の取得が不可欠です。そしてその後、卒後臨床研修があります。この初期研修が2年間におよび、この2 年間の間に、色々な診療科を回ります。もともと小児科医を志していたとしても、この初期研修のときに他にもっと興味のある診療科を見つける場合もあります。

最初の1年間で内科、外科、そして麻酔科を含む緊急部門を学び、2年目に、小児科、産婦人科、精神科、地域保険、医療など幅広く学んでいきます。さらに・1000文字の中で1番目に大事なフレーズ1か所・30〜50文字程度は  小児科では、後期研修として3年以上現場で経験を積むことが必要とされ、学会の認定試験に受かれば晴れて小児科医になることができます。

大学の医学部に進学するだけで大変なのに、卒業後も長い道のりだと思います。また、医学部に入るのでも相当な学費を覚悟しなければならないと思い込み、それだけで諦めてしまう人もいますが、もし本当に医師になりたいのであれば、学費免除制度がある自治医科大学、もしくは産業医科大学を目指すという方法もあります。

ただ、小児科医というのは、15歳以下の子供の病気や症状をすべて理解し、知識、技術とともに勉強を続ける必要があります。ただ、小児科医の肩書きをもちつつ、もし他に自分の専門科をもあれば、万が一の際には転職も可能ですし、一通りの知識を押さえているため、他の診療科、専門医として活躍するチャンスもあります。長い過程なので負けることなく、また研修医時代で過酷な現場を目の当たりにしても初志貫徹の気持ちで頑張って小児科医になってください。

小児科医という専門医になるには、それなりの過程を踏むことになります。また、どういった医療機関に所属するかで働き方も年収なども大分違います。専門科を選ぶ以上に、所属する医療機関をどこにするかを決めるのが一番大事です。時間はたっぷりありますので、情報収集をしながら慎重に決めましょう。

その上、いまは小児科医の転職も珍しくなく、民間エージェント利用や公募も都市部では主流となっています。可能性を広げるために転職してみてはいかがでしょうか。より良い環境や自分の個性が活かせる職場に巡り会えることでしょう。

小児科求人サイト 人気ランキング 〜医師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

⇒ 『医師転職ドットコム』の公式サイトはこちら!

>>小児科の医師求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】 All Rights Reserved.