小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】

小児科求人サイトTOP >> 小児科の医師 >> 小児科医の仕事内容

小児科医の仕事内容

小児科医は、大人を診察するのではなく、言葉や言語表現が未熟である、子供を診る仕事です。そのため、人一倍敏感に症状や子供の感情を察する人でなければなりません。様子や表情から洞察するのです。

大人なら各診療科に分かれているのですが、小児科医は、15歳以下の子供の診療、治療を引き受けるのであり、小児科医は病気についてのすべての知識を身につけておく必要があります。子供には個性があり、大きい子、小さい子、薬が飲むのが苦手な子、注射がダメな子など様々です。その子を診ながら、臨機応変な治療が求められます。

とても大変な小児科医ではありますが、実は諸外国に比べて小児人口あたりの小児科医の数は半分にも満たないという現状が日本の医療現場です。特に地方では小児科医不足が原因で、当直後に通常勤務などのハードスケジュールを強いられている小児科医もいるようです。医師の不足から小児科が閉鎖され、緊急で運ばれる子供がたらい回しにされる現状もあります。

そのため小児科ではなかなか順番が回ってこない、待合室での待ち時間が長いことから、保護者のいらだちを招くことも。治療のために子供をなだめ、必要な根気と我慢を教える他に、保護者への適切な説明と対応を求められます。診療、治療の他に、小児科医の仕事スキルとして特に必要とされるのが、コミュニケーションスキルです。これを学生のとき、研修医のときから良く磨いていく必要があります。

医師の現場は体力勝負。やはり普段から健康管理に気をつけ、感染症や病気にかからないのも医師としては一つの仕事ともいえそうです。小児科医は、当直、日直、宅直オンコールなどもあります。全休になる日は、1ヶ月のうちに1、2日でしかないとか。もちろん開業医ですと若干違いますが、それでも急患や突発的に入るアポイントメントが小児科の場合多いです。

ただし、緊急で運ばれる子供の急患は、ほとんどが軽い症状のことが多く、大人の患者に比べてその後の緊急手術や入院にまで至るケースは少ないのです。 だから軽症な患者を素早く、そして数多くこなすような治療になると思いますし、子供は感染症や流行疾患などに罹患することが多いので、時期的に、そして病気の流行について敏感になる情報収集力が大事です。

また、小児科医として勤務するなかで、一つの専門分野をもてば、その後ステップアップして、その科の専門医として幅広く活躍できます。将来性もある、やりがいのある仕事、それが小児科医です。

小児科求人サイト 人気ランキング 〜医師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

⇒ 『医師転職ドットコム』の公式サイトはこちら!

>>小児科の医師求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】 All Rights Reserved.