小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】

小児科求人サイトTOP >> 小児科の医師 >> 小児科医の勤務先

小児科医の勤務先

小児科医の勤務先は多数です。しかし、最近は小児科の閉鎖が相次ぎ、小児科専門医がいない地域が全国的に増えています。病院の種類は二通りに分けられ、大学病院、もしくは一般病院、そして公的病院、民間病院に分けられます。大学病院、大学分院、公的病院、民間病院、母子病院、一般病院、小児福祉病院、専門病院、大学病院でも、国立、公立、私立、大学分院がありますし、国や自治体、公的、公益、民間による病院、そしてもちろん開業医、個人クリニックなどが小児科医の勤務先です。

大学を卒業し、医師国家試験に合格したら、初期研修として2年、色々な診療科を回り、専門科によっては後期研修として3年間それぞれの専門家医として働く機会が多い研修医は、その研修期間を通して現場の仕事を学びます。

小児科医が勤務場所を探すにあたって、その勤務場所、医療機関の規模や所属団体がなんであるかというのはとても重要です。もちろん自分の年収や給料、待遇だけではなく、小児科医が少ない地域で働くと、激務が予想されます。また大学病院や地域の中核病院として忙しいが、最先端の医療機器や設備に囲まれて過ごすのか、町医者や小規模クリニックでの勤務を望むかで小児科医としてのライフスタイルや将来が全く違ってきます

親が開業医、しかも小児科医をやっているようであれば、そのままその施設を継ぎ、大変ではありますが、自分の裁量で仕事ができます。しかし、やはり組織に属する以上は、なるべく自分の能力や技術、将来のプランなどを考えて、働く場所を決めなくてはなりません。小児科医が少ないために、24時間受け入れできない小児科や、外来治療でも待ち時間が長く、問題が山積している小児科で働き続けるのは、精神力、そして体力両方兼ね備えていないとなかなか難しいことです。

ただし、大学病院と一般病院、公的病院と民間病院は、給料や待遇、福利厚生もそうですが、医局の雰囲気なども大分違うので、もしどちらかの病院で限界を感じたり、職場が合わないと感じているようであれば、転職を考えるのも一つの方法だと思います。今までは医局同士で医師を紹介しあったり、融通し合うことが普通でしたが、民間公募や民間エージェントを利用しての転職がここ最近かなり増えてきました。常勤だけでなく、パートタイムでの就業を望む医師も増えてきています。

人材不足が叫ばれる科では、医師免許をもちながらその資格を活かしていない、子育て中の女性医師などの職場復帰を促すような、働きやすいフレキシブルな職場、開かれた職場環境が必要となっています。とくに、小児科医では女性小児科医が増えてきていますので、出産、子育て中でも働ける場所が人気になるのは当然です。出身大学や派閥、医局などの慣例を踏襲せず、自由に働く場所が選べるようになりつつあります。

小児科求人サイト 人気ランキング 〜医師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

⇒ 『医師転職ドットコム』の公式サイトはこちら!

>>小児科の医師求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】 All Rights Reserved.