小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】

小児科求人サイトTOP >> よくある質問 >> 小児科の繁忙期はある?

小児科の繁忙期はある?

子供は学校などで、感染症などにかかりやすい傾向があります。他の子供がもってきたウイルスなどが他の生徒に感染し、学級閉鎖になるケースもあります。冬はインフルエンザや風疹が流行し、また夏でも油断できず、食中毒やノロウイルスなどにも気をつけなければいけません。乾燥した冬は、まさに感染症の宝庫。手洗いの慣行や、できればワクチンの摂取などが進められます。そうしたワクチンの接種によって大分感染症の蔓延を防ぐことができます。自治体がワクチン代の助成や無料摂取をしているところもありますから、詳しくは問い合わせてみましょう。

広く感染症や風邪の症状に見舞われる季節は、小児科医の繁忙期です。ワクチン接種だけではなく、すでに病気にかかってしまった子供の診察、治療にてんやわんやの時期になります。こうした軽い感染症でも、重症化すると大変ですから、気を抜かないでしっかりと健康管理に気を配りましょう。

また、検診シーズンは小児科医も混み合います。できればこうした繁忙期派小児科に行かなくていいように早めの対応をしていきましょう。病気予防としては、生活習慣、栄養バランスに気をつけるなどが大事です。また春休み、夏休み、冬休みなど長い休みに生活習慣が崩れて病気をしたり、遊びにいって怪我をしたり、また海外、国内旅行や地方への里帰りなど、環境や気温、時差などがあるときに子供は体調を崩しやすくなります。もちろん普段からの処方箋をもっていき、体調を崩したときに備えておきましょう。

小児科医でも栄養管理や運動などを指示されることがありますが、もし子供の体調が悪いとか、平均に比べて体が小さい、肥満などに悩んでいる場合は、保険師や管理栄養士などの専門家に相談してみましょう。良いアドバイスをもらえる筈です。また、一時的な病気ではなく、慢性疾患に悩む場合は、大学病院や専門病院に相談することです。

一般的に小児科の繁忙期というと、インフルエンザの流行期、その他突発的な感染症の流行期と、春休み、夏休み、冬休みなど、普段元気な子供の軽症の病気や、慢性疾患の子供の集中治療などに忙しい時期でしょうか。

ただ、ロケーションの良い病院や、地域で評判の良い小児科医などはいつも忙しいので、とくに繁忙期や閑散期などはないです。常に忙しく、検診まで数時間待ちということもよくあります。最近は小児科医も志望者が少なくなってきていますし、小児科の閉鎖も相次いでいます。そのため地域の小児科は常に混み合っていることが殆どです。

>>小児科求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】 All Rights Reserved.