小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】

小児科求人サイトTOP >> よくある質問 >> 小児科の特徴は?

小児科の特徴は?

小児科当然子供を相手にしていますから、大人のように分別がありませんし、効率よく順番が回ってくるとは限りません。子供は飽きっぽいですし、病気や熱があれば泣く、怪我をしていなければ走り回る、騒ぐ、叫ぶ、順番がきても怖がる、痛いことがあれば嫌がる、薬や注射は嫌い、と色々手がかかります。

その上、適切な薬の飲み方や看病の仕方を保護者に分かりやすく説明します。小児科医は幅広い知識だけではなく、子供から話を聞き出す、無理ならば保護者から話を聞く、症状を推察する、気持ちを洞察するなどかなりのコミュニケーションスキルが必要となります。

ただし、いまは小児科はどこでも混み合っていて、診療まで数時間待ちはざらです。病気の子供だけではなく、他の子供を連れてきている保護者も多いことから、待合室で季節的に流行している感染症などにかかる可能性も捨てきれません。だから、手洗い慣行を患者さんに義務づけたりしている病院、クリニックが多いです。

子供自体も、軽い感染症や軽度の怪我以外は、専門病院と大学病院に行くので、一般の小児科では見ることはありません。特別な症状がある場合は、精密検査をするのに、大きな大学病院に送られるのは、大人と一緒ですね。

ただ、子供だけではなく、保護者のほうも最近は色々な人がいて、クレームばかりする親や子供が騒いでいて人に迷惑をかけていても注意しない大人もいます。それゆえにトラブルに発展することも。そんな世相から変に注意して相手から攻撃されることを恐れ、一般の人も見て見ぬ振りをするなど、待合室でのトラブル、迷惑行為やコミュニケーション不足が目立ちます。

小児科病院、クリニックをなるべく良い雰囲気にし、円滑に治療、診療を進めるには、子供のちょっとした我慢、そして親のしつけ、医師や看護師、受付の人の連携が大事になっています。少ない小児科病院、クリニックだからこそ、ちょっとしたエチケットやマナーを大事にしたいものです。

お互いの思いやりや子供や大人同士のコミュニケーション、譲り合いや学校で流行している病気や風邪などの情報交換を行い、地域で疾病をなるべく防止、小児科を利用しないで良いように、家庭での健康管理や生活習慣に気をつけることがなによりも大事なのです。家庭で子供と大人がしっかり意思疎通をして、なにか明らかにおかしな兆候があったら、早めに対処して重症化しないうちに食い止めてください。冬の風邪は予防によって大分避けられます。

>>小児科求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】 All Rights Reserved.