小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】

小児科求人サイトTOP >> よくある質問 >> 小児科を受診する人の症状は?

小児科を受診する人の症状は?

一般的に小児科を受診するのは、軽度の症状の子供が多いです。小児科がなぜ15歳未満の子供に分けられているかというと、大人と子供の分岐点、15歳を超えると、体のつくりが全く変わってくるからだそうです。治療法が異なり、15歳以上になると、それぞれの診療科ごとに分けて部分ごとに治療していきます。

その分、小児科医は内科や外科だけではなく、子供の症状すべてに熟知しないとならないため、幅広い知識と技術、そして対話術なども必要となります。ただ、一般病院で診ることができる範囲というのは限界があり、一般、民間の病院で診る患者さんは軽症の子供ばかりです。急患の場合も件数は多いけれども、比較的軽度の症状の患者が多いです。季節のインフルエンザや感染症など、繁忙期があるものの、年間で患者の数が大きく変化します。

その一方で、大学病院や小児科の専門病院では、長期入院をしている慢性的な疾患をもつ子供や赤ちゃんがいます。こうした病院はかなり重篤な難病をもつ患者が多数入院しています。小児集中治療室(PICU)、新生児特定集中治療室(NICU)など特別な病室を用意しているので、こうした特別なケアが必要な子供は大学病院や小児科専門病院に行くのが普通です。

子供の場合は、熱を出しやすかったり、子供特有の感染症にかかりやすい上、子供は言語表現が未熟なため、あまり深刻な症状ではなくても子供が泣いたり辛がったりすればすぐに小児科に連れていったり、救急車を呼んでしまう傾向があるそうです。そのため、当直をしている小児科医の負担が増え、地域医療質や財政を圧迫しています。

いまは24時間の相談ダイヤルサービス等もあり、そこで子供の症状を相談することで、救急車を呼ぶべきなのか、明日外来で間に合うのかを見える症状から判断してもらえます。保護者に対して、こうした相談窓口があるということを啓蒙して、地域医療費や救急車を出す費用を削減する自治体が増えてきています。

裏をかえせば、あまり深刻な症状でもないのに救急車を使ったり、急患として運ばれる子供が多いということ。確かに保護者としては心配のあまり夜間でも休日でも小児科医に診てもらって安心したいかもしれません。しかしながら、軽症の子供が多いということを頭に置いて、焦らず行動してください

また、小児科医の減少や小児科の閉鎖から、地域の小児科は混雑し、診療を受けるまでかなりの待ち時間があり、子供も大人もイライラしがちです。なるべく根気よく順番を待って、多くの患者を抱える小児科病院、クリニックで多くの患者を診てもらえるよう、無理な相談は控えましょう。

>>小児科求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】 All Rights Reserved.