小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】

小児科求人サイトTOP >> 小児科の看護師 >> 小児科の看護師の志望動機

小児科の看護師の志望動機

小児科の看護師を志す看護学生に共通する志望動機としては、子供が好きである、という理由が最も多くなっています。ただ、なかなか理想と現実は違い、こちらが一生懸命やっても、なかなか心を開いてくれない子供、言う事を聞かない子供、モンスターペアレンツの存在など、臨床の現場に出れば出るほど、現実の厳しさが分かるというシビアな結果となりがちです。

しかしながら、小児科は、これからの日本を担っていく若さとパワーがあります。また、子供や保護者などと過ごすことによって、感謝されたり、毎日のコミュニケーションの中で、楽しい事も沢山見つかる筈です。やはり少子化問題を抱える日本にとって、産婦人科と小児科の閉鎖や縮小は由々しき問題ではあります。

そうした厳しい現実のなかで、小児科医の看護師として毎日働く、そして特別な治療が必要な子供を献身的に看護していくのは、なかなか難しいですが、やりがいがあるのは確かです。子供に薬を飲ませたり、注射をしたり、診察を嫌がったり、病室を逃げたしたり、病院内を駆け巡ったり、小さな子供は傍若無人の上、感染症に罹患しやすかったり、高熱を出したり、症状の変化が大きかったり、大人の患者とは、かなり違います。

だから小児科医の看護師さんはとくに経験者を優遇して求人を出している医療機関が多いです。つまり、子供や保護者の扱いを知っている、また様々な症状から子供の病気を見抜く経験自体が専門スキルであるからです。現場に入って、最初の志望動機を忘れてしまうようになっても、毎日の仕事からはそれなりに喜びもあるでしょう。そして小児集中治療室(PICU)、新生児特定集中治療室(NICU)で病気や先天性の病と戦う子供をみて、なんとか毎日を楽に、そして楽しい未来があるように医療の現場から支えるのはとても尊いことです。

初志貫徹といいますが、どんなに仕事が大変でも、最初自分がその仕事を志したときの気持ちを忘れることなく、くじけそうになったときに、何度も反芻して頑張ってください。そして新卒、新人の小児科の看護師が入ったときには、仕事の厳しさや楽しさも一緒に教えてあげられるといいですね。

もちろん看護師の仕事は、他の仕事に比べて高給だから、とか将来性があるとか、小児科は志望者が少ないから、相対的に競争者が少ないなどの現実的な志望動機でも全くかまいません。最終的には自分に合っていて、継続できる仕事であれば、適職といえるのではないでしょうか。適所適材、自分にベストな職場を選ぶ為に転職も考えてみましょう。

小児科求人サイト 人気ランキング 〜看護師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

⇒ 『ナースフル』の公式サイトはこちら!

>>小児科の看護師求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】 All Rights Reserved.