小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】

小児科求人サイトTOP >> 小児科の看護師 >> 小児科の看護師の仕事内容・役割

小児科の看護師の仕事内容・役割

外から見ると、仕事内容が全く同じように見える看護師ですが、もちろんその職務は医師と同じで、専門科毎に分かれています。新卒で初めて臨床の場に入り、そして経験を積めば、看護師として昇進することも可能です。

小児科の看護師として必要な仕事内容としては、入院施設がある病院では、24時間態勢で、看護師同士交代で入院患者の様子を観察し、その経過を医師に報告すること、その入院生活のお世話をすること、また、外来患者もいますので、医師の診療のサポートをすること、検診状態、体調の事前チェック、カルテ作成、効率よく仕事が進められるように、ミーティングをしたり、伝達事項などの確認をするなどがあります。

また、特別なケアが必要な子供、つまり手術室やICU、新生児室などにいる赤ちゃんや子供達にスペシャルケアをするなど、その仕事は多岐に渡ります。それに加えて、現在小児科医不足で、緊急搬送される子供の患者さんに対して、医師数が足らないという現場の声があります。子供の病気は、診断が難しい上、ちょっとした診断ミスが重篤な症状を引き起こすこともあり、裁判になるケースもあるので、看護師の目も大事です。

ただ、時間や人員に制限がある小児科医にかわって、子供とのコミュニケーションや気になる兆候を見逃さないのも看護師の重要な役割です。今はモンスターペアレンツや児童虐待の問題を抱える子供も増え、悩みがあっても言語化できない子供も多いので、そうした声なき声を聞いてあげるのも看護師の大事な役割といえます。

普段から医師よりも近い位置にいる看護師だからこそ分かることもあるでしょう。医師とは違ったアプローチで、嫌がる子供に薬を飲ませたり、治療を円滑に進むように工夫をしなければなりません。泣いたり、病室を抜け出したりする子供もいるので、体力、そして精神力もないと、とても続けられる仕事ではありませんが、それだけやりがいのある仕事なのは確かです。

これらの仕事内容を知りながら、献身的に仕事に励める看護師、また子供好きで子供の心を掴むのが上手な人もいると思いますが、そうした人が小児科の看護師に向くと思います。もし常勤が無理ならば、いまは非常勤、パート、アルバイトで小児科看護師として働くこともできます。

小児科看護師というのは、一つの専門スキルですので、これからもし転職することになっても就業先は沢山ありますし、自分の条件に近い職場を見つけられる可能性が高いでしょう。

小児科求人サイト 人気ランキング 〜看護師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

⇒ 『ナースフル』の公式サイトはこちら!

>>小児科の看護師求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】 All Rights Reserved.