小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】

小児科求人サイトTOP >> 小児科の看護師 >> 小児科の看護師の勤務先

小児科の看護師の勤務先

小児科の看護師として勤務先の選択肢は数多くあります。民間病院や公的病院、大学病院、一般病院、クリニックから小児科看護師のスキルを活かして学校看護師まで活躍の場は広いです。

ただ、小児科の入院施設をもつ病院のなかには、小児集中治療室(PICU)、新生児特定集中治療室(NICU)、継続保育室、回復治療室(GCU)など、特別な施設をもつので、そうした特別室に入れられている子供のケアは専門知識がある看護師が受け持つのです。子供との毎日のコミュニケーションと保護者との連携が大事になるのが、小児科看護師です。

もちろん、開業医やクリニックなど小規模な医療機関で働き、持ち前のコミュニケーションスキルや子供とのやり取りの中で注意力と気配りを発揮できる看護師が理想です。小児科専門の看護師が少なく、その中でシフトを回していると、当直の回数が増えたり、体力勝負の面もでてきます。そして何よりもそうやって臨床の場で培った勘やスキルを結婚や出産、他科への転職などで失わないようにしていただきたいものです。

子供は言葉での表現が未熟で、どんな状態であるのかは、長年の勘と洞察力が必要となります。経験のある小児科看護師なら、その専門性を活かして転職することが一番すすめられるでしょう。職務経験のある専門性の高い看護師を探している医療機関は数多くあるのです。

ある意味、自分は入院施設のある病院での勤務が向いているか、もしくはクリニックや町医者などの外来のみの診療サポートが向いているか、それは個人の適性の問題です。当直があっても総合病院でのやりがいか、仕事と私生活の両立が可能な、外来のみのクリニックか、待遇や給料、そして自分の働きやすさややりがいを考えて、決定していくといいでしょう。

傾向としては、民間、一般病院の小児科は扱う症状が比較的軽く、季節によって患者の数が大きく変動するのが特徴となっています。そして、大学病院や小児科の専門病院では、慢性的な重度疾患をもつ子供や赤ちゃんが多いため、患者数が大きく変動しない、入院生活が長いという特徴をもちます。患者に寄り添いながら、毎日の治療をサポートをするのが、看護師に求められます。子供の心のケアだけではなく、保護者への適切なアプローチ力が必要です。地道な作業ですが、小児科医の看護師だからこそ、毎日できることを着実にこなしていきましょう。

看護師免許をもっていて、小児科で働いた経験があれば、多くの症例や事例に対処でき、これからのキャリアプランニングにも有利に働くことでしょう。有名な病院よりも、何か学べることがある病院で働くといいですね。

小児科求人サイト 人気ランキング 〜看護師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

⇒ 『ナースフル』の公式サイトはこちら!

>>小児科の看護師求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】 All Rights Reserved.