小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】

小児科求人サイトTOP >> 小児科の看護師 >> 小児科の看護師のやりがい

小児科の看護師のやりがい

全体的に看護師数が不足していることから、看護師の勤務時間は長いイメージがあります。実際、当直などを含めると拘束時間が長く密度が濃いのが小児科の看護師です。また小児科の場合、緊急患者でも軽症が多い割に案件が多く、感染症などが流行するときはかなりの忙しさになるなど、季節的、また子供特有の特徴ある病気があるため、小児科看護師になる場合は、時間の拘束、件数の多さはやむを得ないでしょう。

子供や付き添いの保護者とのコミュニケーション能力や、もちろんその勤務時間を働ける体力、その上、最近は保護者からの虐待なども増えているので、そうした兆候を発見できる鋭い感受性が必要となる仕事です。こうした子供は急患として運ばれている事も多く、軽症が多い子供の急患とはいえど気は抜けません。抵抗力、体力のない子供は大人より弱く、ちょっとした病気でも重篤な状態になってしまう場合があります。そうした現場を支える小児科看護師の勤務はどうしてもハードになりがちです。ただ、その分子供の笑顔をみたとき、なついてくれたとき、感謝されたときには喜びも倍層することでしょう。

ただ、小児科医や産婦人科は、専門病院や診療病院数が全国的に減少傾向にあることからいることから、これらの科を志望すること、イコール激務になると言う事で敬遠される向きもあるようです。軽症が多い小児科とはいっても、急に熱を出したりして心配した保護者が緊急での診断を望む場合が多く、当直では眠ることはほとんどできないそうです。

体力を自慢にしている小児科看護師も、いかに志が高い看護師も、参ってしまうことがあるといいます。限界を感じたら、アルバイト、パート就業や転職を考えてみてもいいでしょう。賢く転職活動をしましょう。そのときには、お給料や待遇のほかに、自分がやりがいがもてる職場かどうかで決めることも大切なことです。

小児科の場合は、15歳以下のすべての子供を診る訳で、つまりほぼ、大人の症例のすべてを把握する訳ですから、大人とは治療法は違うまでも、専門を取り払った幅広い知識を身につけることができ、この後、看護師として幅広く活躍できることにもなります。

小児科に人数が少ないということは、業務は忙しいけれども社会から必要とされ、その上やりがいがあるということです。小児科医になる事のデメリットばかりが強調されがちではありますが、こうしたメリットのほうにも目を向けることが大切でしょう。

小児科求人サイト 人気ランキング 〜看護師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

⇒ 『ナースフル』の公式サイトはこちら!

>>小児科の看護師求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】 All Rights Reserved.