小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】

小児科求人サイトTOP >> 小児科の受付・医療事務 >> 小児科の受付・医療事務の面接対策

小児科の受付・医療事務の面接対策

小児科医の受付、医療事務の募集をするときには、資格名をあげたり、経験者を優遇している医療機関もあります。しかし、受付業務というクリニックや病院の顔になる人ですので、雰囲気や物腰、丁寧な応対や言葉遣いなども慎重にチェックされていると思います。

もちろん、他の仕事と同様、経験や人柄、職歴を重視することも多いようです。一般に熱心に自己PRをしてやる気をみせれば、余程の狭き門で倍率が高くない限り、成功するでしょう。すでにプロフィールや職務経歴などは相手方はもう知っていますし、全く論外であれば面接にも呼ばれない筈です。つまり面接に呼ばれた場合は最終選考に入っているのです。(まれに二回面接を設ける場合もあります)。面接担当の人に自分の志望動機や自己PRをしっかり伝えましょう。積極性が大事です

もし小児科で受付、医療事務の仕事の経験があれば、それが決め手になる場合が多いですので、ハキハキとした受け答えで職歴やいままでの経験を話しましょう。ただ、面接のときに聞かれていないことも相手の話を遮って話すほどになると、かえって印象を悪くするのでほどほどにします。

そのときの雰囲気を読んで、控え目にしたほうがよければそうするし、色々アピールしたほうが良ければそうしましょう。そんな感受性や洞察力も受付の仕事にはプラスに働くことでしょう。

変に自分を取り繕っても、結局は相手にはお見通しという事は良くありますので、特別なことをしないで自然なアピールを心がけましょう。外資系のクリニックであれば、面接の際に英語力や雄弁さ、交渉力が必須ですが、日本のクリニックは、能力よりも協調性が重んじられるので、ほどほどのスキルと職場に馴染むことができればそれで十分という病院やクリニックも多いことでしょう。

ただ、面接のときにどうしても避けることができない、待遇や給料の話があります。きちんと自分の美点をアピールして有利な条件を引き出すことができる人はいいのですが、あまり得意ではない人がほとんどでしょう。そんなときは医療関係専門の転職エージェントを利用すれば、言いづらい、交渉しづらいことも引き受けてくれるので、面接時のプレッシャーやストレスを減らすことができます。面接自体、また履歴書や職務経歴書の書き方さえおぼつかない場合でも、アドバイスをしてくれるので、一度相談してみてはいかがでしょうか。あなたにとってベストなアドバイスをしてくれ、転職を成功に導いてくれるかもしれません。

小児科求人サイト 人気ランキング 〜受付・医療事務編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

⇒ 『リクルートエージェント』の公式サイトはこちら!


※無料エントリーの入力欄「現在の職種」で、
「ステップ1:素材、食品、医薬品技術者、福祉」→「ステップ2:医療、福祉サービス関連」→
「ステップ3:医療事務、臨床心理士、ソーシャルワーカー」など該当する職種を選択して下さい

>>小児科の受付・医療事務求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】 All Rights Reserved.