小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】

小児科求人サイトTOP >> 小児科の受付・医療事務 >> 小児科の受付・医療事務の仕事内容

小児科の受付・医療事務の仕事内容

小児科の受付・医療事務も、他の専門科と仕事内容はそう大きな違いはありません。医療事務などの資格をもち、その上、大好きな子供に囲まれた職場であり、理想的に思う人も多いのでしょう。その上、医療事務は離職率が高いといわれる医療関係の仕事のなかで比較的安定しています。様々な人と交流ができ、コミュニケーションスキルが高い人には向いている仕事ですが、実際の職場ではクレーム対応が多いなど、仕事は楽ではないようです。

とくにいまは小児科医が減っていて、どこの小児科も混み合っています。必然的に待ち時間が長くなり、順番待ちの案内をして回るのも一苦労です。会計の順番と診察の順番が違ったり、処方箋の記入漏れや医師や看護師のちょっとしたミスをフォローしなければならない点など、細かい気遣いが必要となります。

また患者側も予約の日付の勘違いや、連絡のないキャンセルなど、トラブルや予定通り進まないことは日常茶飯事。そんな混沌とした状況を手早く効率よくさばいていかないと小児科の受付、医療事務は勤まりません。そうした日常的な業務に加えて、ミーティングでの意見交換や、レセプトの作成など対外的にも内部的にもすることが沢山あります。マルチタスクができる人だと受付、医療事務に向いていると思います。

子供は診療所で走ったり、泣き出したり、叫んだり色々です。子供を止めることは非常に難しい事を知り、保護者の身になったサービスが必要となります。子供の鳴き声や騒ぐ声が苦痛な人は向いていませんし、何度も根気よく説明できる忍耐強いタイプがいいでしょう。

受付業務としては、一般的に分かりやすい言葉、声で案内すること、電話、受付での丁寧な受け答え、診察や入院患者の対応業務があり、医療事務としては、秘書的業務、書類の作成、患者さんのカルテの作成、薬価点数や診療報酬点数の換算、請求書の発行があります。

医療事務の場合は、経験が評価されるので、職務経験があると、一時的に仕事を離れてもまた仕事が見つける可能性が高いです。そのため、女性の専門職として、また結婚、出産後もパート等で続けることができる仕事として、資格取得にいそしむ女性も多いようです。大変な仕事ではありますし、大人だけではなく、子供とのコミュニケーションスキルが必要ために、難しい部分もありますが、それが専門スキルとして評価されるのなら、転職にも役にたちます。ただし、あまり転職回数が多いと、看護師などと違ってマイナスの印象をもたれるので気をつけましょう。

小児科求人サイト 人気ランキング 〜受付・医療事務編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

⇒ 『リクルートエージェント』の公式サイトはこちら!


※無料エントリーの入力欄「現在の職種」で、
「ステップ1:素材、食品、医薬品技術者、福祉」→「ステップ2:医療、福祉サービス関連」→
「ステップ3:医療事務、臨床心理士、ソーシャルワーカー」など該当する職種を選択して下さい

>>小児科の受付・医療事務求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】 All Rights Reserved.