小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】

小児科求人サイトTOP >> その他の職種の小児科求人 >> 看護助手

看護助手

医療の現場で患者さんのサポートや介護スタッフとして働いているのは看護師だけではありません。看護師に混じって、看護助手という人々も働いています。看護助手は特に資格がなくても、未経験でもできる仕事ですが、もし医療関係の知識があればより仕事に馴染みやすいでしょう。

看護師も、いまは人材不足の時代になっているので、看護助手は患者さんの身の回りの世話、家族への連絡事項、誘導、食事の配膳、片付け、ベッドメイクやシーツ交換、掃除、室温管理や排泄や介護の手伝いなどとても幅広い業務をこなします。医師や看護師が自らの業務に専念できるように、看護助手の必要性は増しています。女性のパート、アルバイト就業でできる上、看護助手の仕事は資格はあるものの、その仕事に就く為に資格は必ずしも必要ないのです。

ただ、看護助手は民間資格ならあり、資格を取得することで基本的な知識を身につけてから臨床の現場で働き始めたほうが、予備知識の面で有利かもしれません。ただ、他の仕事と同じように、資格よりも実務経験重視の現場が多く、転職者も経験者のほうが仕事が決まりやすい傾向があります。資格として考えられるのは、内閣府認証NPO法人の看護助手認定資格、ホームヘルパー資格、介護福祉士の資格も看護助手の仕事と関連しています。もし時間があれば、こうした資格を身につけて現場での経験を積みましょう。

看護助手は、看護師と違い、実際の医療、つまり点滴を打ったり注射をしたりはできませんが、入院患者さんの身の回りの世話をすることで、医療スタッフのうちでも重要な役割を果たすようになります。患者さんとのコミュニケーションや会話で、患者さんの支えになってあげられるような、献身的で優しい性格の人が向いているでしょう。子供や高齢者を相手にすることもありますから根気よく、我慢強く対応することも必要かもしれません。

また看護助手は、とくに国家資格が必要な業務ではないため、年収は必ずしも高くはありません。平均年収は正社員で275万円ほどで300万円に満たないのです。重労働でハードな仕事の割に、あまり報酬は望めません。月に換算すると、だいたい20万前後で時給は1200円ほどです。

正社員ならまだ福利厚生がつくのでいいのですが、パートやアルバイトなどは社会保険などはつかない上、ボーナスがないのでもっと収入は少ないです。やりがいがある仕事ですし、患者さんや医療現場のスタッフのサポート役として感謝される仕事ですが、外で見ているよりもずっときつく、大変な仕事であるのは覚悟しておいたほうがいいでしょう。一般求人や医療関係の専門求人サイトを利用して条件のよい仕事を探してみましょう。

小児科求人サイト 人気ランキング 〜小児科の様々な職種〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
介護求人ナビ 無料 全国 ★★★★★ 詳細

⇒ 『介護求人ナビ』の公式サイトはこちら!

>>小児科で活躍する職種の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】 All Rights Reserved.