小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】

小児科求人サイトTOP >> その他の職種の小児科求人 >> 院内保育士

院内保育士

慢性疾患や特別な病気で、幼稚園や保育園に通えない子供もいますし、生まれてからずっと新生児特定集中治療室(NICU)、小児集中治療室(PICU)、などに入っている子供もいます。そうした子供のケアをするのが、院内保育士です。普通の子供のように幼稚園や保育園に行かない分、言葉やコミュニケーションスキルの発達などが遅れがちな子供に適切な指導をしていきます。ただ、院内保育士の設備をもっている病院はまだそう多くありません。この院内保育士も病院側で雇用されている場合と、アウトソーシングされている場合に分かれます。

もともと院内保育士の求人が少ないのもあって、募集が出たらつかさず応募するか、保育士の転職エージェントなどに相談しておくといいでしょう。そのなかでも特別に小児科の院内保育士などは狭き門ですからどうしてもなりたいのなら、待遇やお給料、就業場所などは多少の妥協が必要かもしれません。

保育士の年収は、平均して315万円前後といわれますが、院内保育士ですと、パートタイム就業が多く、しかもアウトソーシングされた案件が多いとのことです。子供の場合は突発的な症状に襲われることがありますから、どうしても院内保育士になりたいのなら、保育士とともに、看護師の資格をもっているとより有利になるでしょう。保育士になるには、国が指定する学校にて所定の単位を取得して保育士になるか、都道府県単位で実施される保育士試験に合格するかのいずれかです。子供好きを自認して保育士になる人は多く、とくに女性が就く確率が高い仕事です。

以前から女性の保育士は多いです。もともと女性は子供とのコミュニケーションをとる機会は多いですし、小児科なら身体的、心の問題も含めてすべての知識や技術を身につける事ができますので、将来的には大きな経験やキャリアアップになります。看護師資格を考える人もいるでしょう。

最近は病院でも、託児所の充実や産休制度を整えるところが鍵になっています。ただでさえ小児科病院が少なくなっているのに、これで閉鎖、他の総合病院への転院が顕著になれば、ますます小児科の状況は逼迫します。看護師や保育士で産休をとることができず、やむなく離職する女性も増え続けています。

女性の場合は、結婚後、出産後に常勤、正社員ではなく、非常勤、パート、アルバイトなどの就業を考えてみるべきかもしれません。保育士や看護師ならそれは可能ですし、民間の転職エージェントに登録したり、国や地方自治体で公募している院内保育士や看護師があればそれらのポジションに応募しましょう。職務経験があれば、採用される確率が高くなります。

小児科求人サイト 人気ランキング 〜小児科の様々な職種〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

⇒ 『リクルートエージェント』の公式サイトはこちら!

※無料エントリーの入力欄「現在の職種」で、
「ステップ1:講師、公務員、技能工、その他」→「ステップ2:教育、インストラクター…」→
「ステップ3:保育士、幼稚園教諭」を選択し、お申し込み下さい
マイナビエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

⇒ 『マイナビエージェント』の公式サイトはこちら!

>>小児科で活躍する職種の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】 All Rights Reserved.