小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】

小児科求人サイトTOP >> その他の職種の小児科求人 >> 臨床心理士

臨床心理士

小児科なら全身的、全臓器的、心の問題も含めてすべての知識や技術を身につける事ができます。そしていま、かなりの注目を浴びているのが、子供のカウンセリングを受け持つ臨床心理士です。小児カウンセリングを通して子供の心の中の問題を探ったり、治療の糸口を掴んだりできます。今の子供の環境は殺伐とし、いじめや児童虐待、摂食障害や対人恐怖といった心の問題で引きこもったり、鬱状態になったりする子供が増えています。

また身体的に慢性疾患をもっていると、入院中の心のバランスを崩しがちです。臨床心理士が常に側にいて、患者を観察し、寄り添ってあげることが大事です。心と体の関係は密接で、最近は身体的な病気よりも精神的、心の病気のほうに世間の耳目が集まっています。思春期にはとくに心身のバランスを崩しやすく、人間関係や学校などでストレスを感じたり、長い入院生活で鬱になるなど、小児科では臨床心理士の存在が不可欠です。

臨床心理士は将来的には他の専門診療科との連携も考えられるところ、そして家庭をもっても、子育てしながらでも続けられるところが、女性に好まれています。1時間のカウンセリングで4000円から5000円くらいが相場ですが、フルタイムではなく、パートで働く方も多いですので、年収の幅は200万から1000万まで幅広いです。正社員として所属している病院の種類や、パート、外部委託として働くかによっても年収、そして福利厚生、社会保険等は違います。

子供の心に寄り添って、治療が計画通り進むように心の面からアプローチしていったり、ときには必要なカウンセリングや療法を試して、子供の精神面、心の部分をしっかりサポートする仕事です。

カウンセラー、臨床心理士は、各自治体、病院などで募集しているときもあり、転職エージェントや一般求人でも見つけられます。また、自分でクリニックをもって活動したり、フリーとして活躍して外部から病院を訪問する形で子供と関わることも可能です。病気をしたり、心理的に悩み多い子供達の支えになり、心の病を未然に防ぎ、健康を取り戻していくように手助けする大事な仕事が臨床心理士です。

臨床心理士になるには、臨床心理士指定大学院に進学し、心理学繊毛の修士課程を修了し、臨床心理士資格審査にて、一次、二次両方に同一年度に合格することが求められます。取得までは長い道のりで、学費も根気もいりますが、本当の臨床心理士の学習は臨床現場にでてからが本番です。

小児科求人サイト 人気ランキング 〜小児科の様々な職種〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

⇒ 『リクルートエージェント』の公式サイトはこちら!

※無料エントリーの入力欄「現在の職種」で、
「ステップ1:素材、食品、医薬品技術者、福祉」→「ステップ2:医療、福祉サービス関連」→
「ステップ3:カウンセラー、臨床心理士」を選択し、お申し込み下さい
マイナビエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

⇒ 『マイナビエージェント』の公式サイトはこちら!

>>小児科で活躍する職種の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】 All Rights Reserved.