小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】

小児科求人サイトTOP >> その他の職種の小児科求人 >> ソーシャルワーカー

ソーシャルワーカー

ソーシャルワーカーという仕事は、患者と病院など医療機関の橋渡しだけではなく、生活する上で困っている人、生活のうえで困難がある人に対して、社会的に受けられる福祉のサービスを紹介したり、それらの書類作成や雑務をする仕事のことで、ソーシャルワーカーを名乗るのにとくに必要な資格などはありませんが、社会に必ず必要な仕事ですし、国家資格である社会福祉士や精神保健福祉士をもっていると社会的に信用度が増します

人の助けになりたい、老人や子供など社会的な弱者に貢献したいと望む人に向いている仕事です。以前は社会福祉事業に関わる人がソーシャルワーカーと呼ばれていましたが、いまは社会福祉士や精神保健福祉士の総称となっています。

保護や援助を必要とする人のアドバイザーであるソーシャルワーカーの平均年収は、だいたい400万円前後です。ただ、これも所属団体や社会保険の有無、正社員であるか、などによって左右されます。

運悪く小児がんなどにかかり、そうした病気と戦わざるを得ない子供を助けるためにソーシャルワーカーが治療計画やその治療にかかるお金、そして国や地方自治体から受けられる援助など、あらゆる方向から子供の治療をサポート、難病や慢性疾患に苦しむ子供にとってはなくてはならない人です。

また難病や慢性疾患に悩む子供をもつ保護者にとっては、常によき相談相手です。特別な治療をしたくても、また海外に良い薬や新しい治療方法があり、それを試してみたくても、素人ではどこから行動を起こしたら良いか分かりません。そんなときに手を差し伸べてくれるのがソーシャルワーカーです。

たしかに様々なアレンジや交渉が必要な仕事で、ペーパーワークなど雑多な手続きもしなければならず、とてもハードですが、やりがいはあります。ソーシャルワーカーになりたい人は、大学、短大で専門的な指定科目を履修し、実務経験をもったら社会福祉士等を受験します。

精神的、そして肉体的ハンディキャップ、病気のある子供だけではなく、虐待や生活上の理由などで保護者の養育を受けられない子供、非行や素行不良な子供などの保護等、ソーシャルワーカーが担う役割は大きいのです。これからますます社会に必要になる資格、仕事ですから、ぜひ社会的弱者のために行動、活躍してください。精神保健福祉士は、心の時代と呼ばれる現代で、心や精神の問題をかかえる人に対してのケアや保護を行う仕事です。これからの将来の需要も考えて、これらの仕事にチャレンジしてみましょう。

小児科求人サイト 人気ランキング 〜小児科の様々な職種〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

⇒ 『リクルートエージェント』の公式サイトはこちら!

※無料エントリーの入力欄「現在の職種」で、
「ステップ1:素材、食品、医薬品技術者、福祉」→「ステップ2:医療、福祉サービス関連」→
「ステップ3:介護士、ケアマネージャー、ソーシャルワーカー」を選択し、お申し込み下さい
マイナビエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

⇒ 『マイナビエージェント』の公式サイトはこちら!

>>小児科で活躍する職種の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 小児科求人サイトランキング【2018年度最新版】 All Rights Reserved.